関西エアポートテクニカルサービス株式会社

     

採用情報

柘原 正明

給油施設部 給油管理課 主任

柘原 正明

2008年入社
(工業高校 電気科卒)

これが私の仕事

「航空機の運航に欠かせない航空燃料を円滑に送り届けるのが使命」

関西国際空港には、空港機能に欠かせない多くの基幹施設があります。現在、私が所属している給油管理課は、その基幹施設の1つである航空機給油施設の運用管理に係わる総合調整を行う職場です。

具体的な業務内容は、航空機給油施設の適正な維持管理に必要な、保安検査や定期メンテナンス等の工程調整、安全管理や公的申請業務の履行、自衛消防訓練や地震津波避難訓練の事務局等、事故や災害を未然に防ぎ、常に安全運用するための総合調整業務を行っております。また、航空機給油施設の利用契約者である石油元売会社や航空会社による見学や監査への対応等、直接施設利用者と接する窓口業務も行っております。

航空機給油施設では、安全を最優先にするのはもちろん事、その上で厳格な数量管理や品質管理を実施し、常に航空燃料を安定供給し続けることで、航空機の運航を支えています。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

「安全かつ確実にメンテナンス・工事が完了したとき」

航空機給油施設のメンテナンスや改修工事をする場合は、航空燃料ガイドラインに沿っておこなわなければなりません。初めて業務を担当した時は不明な点を、指針や法令、完成図書を読み込むことで、ひとつひとつ解消していきました。
また、大量の危険物を貯蔵している施設の工事ですので、消防法や規則などの適用もうけます。

関係機関および他部署との調整も多岐にわたりますが、それらを経て、メンテナンスや工事が無事に完了した施設を見た時は、とても嬉しく達成感を感じます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

「空港基幹施設を支える一翼を担いたい」

自分の経験や資格を活かせる職場はなにかを考えていた時、当社の募集要項に「給油施設は空港機能に欠かせない基幹施設であり、危険物を取り扱うがゆえに、その重要性と責任は大きいものである」と書かれてあるのが目にとまりました。私もそれを支える業務の一翼を担いたいという強い思いで志望しました。

当社では、関西国際空港の主要施設を運用・管理するために、様々な専門性の高い業務を行っていますので、経験や資格を多方面に活かせる職場であると思います。